遺言書編①遺言書は必要ですか?

今日から、遺言書編を始めます。

最初に、ご理解しておいていただきたいのは、遺言書は書くこと(作ること)が義務ではないということです。

最近は、「遺言書を書きましょう!」みたいなことが、一部で言われていたりすることもあるようですが、私は、なんでもかんでもひっくるめて、一概にそう言ってしまうのは、いかがなものかと思います。

遺言書を作るか、作らないか、どのような内容にするかは、あくまでも、ご本人が決めることであって、他の人から言われて作るものではありませんし、あってはなりません。

遺言書が無ければ、相続人が全員で話し合って、全員一致で決めるのです。
(※現実には、難しい場合が少なくないようですが…)

今日のタイトルに対して、お答えするとすれば、あった方がいいと思われるケースもあれば、もしかしたら、ない方がいいのかなと思われるケースもあります、というお答えになるでしょうか。
(※もちろん、内容によっては、この答えも変わってくる場合があります)

世の中、どなたも、いろいろなものを背負いながら、いろいろな人やものとの関係の中で生きています。そのご事情は本当にさまざまです。

そのあたりのことを抜きにして、「必要です」「書きましょう」「書いた方がいいですよ」などと、軽々しいことは言えません。

ただ、ひとつ言えるのは、ご事情によっては、
「あった方がいいと思うケースというのは確実にある」ということです。

こうしたことも含めながら、遺言書のことを、お話していきたいと思います。



★当事務所では、「遺言書」と「相続」に関するご相談を専門に承っております。
 ささいなことかも…と思うようなことでも、お気軽にご相談ください。

  野口行政書士事務所は、初回相談無料です。
  遺言書と相続のことは、当事務所にお気軽にご相談ください。

      ☎ 052-265-9300
        (受付時間:午前10時~午後8時)

  ※ご相談は、土日祝日も対応いたします。
  ※携帯電話 070-5408-3037 もご利用ください。































a:1552 t:1 y:3