借地の相続とは

 家(建物)は親の名義になっている(所有権がある)のですが、その下の土地が借地の場合は、相続する時、どうなるのでしょうか?

 建物は、当然のことですが、相続によって、親から相続人(子など)へ所有権が移転します。これは、普通にご理解いただけると思います。
(※その際には、所有権の移転登記をきちんとしておくようにしましょう)

 では、土地(借地)はどうなるか?

 土地を借りている権利(借地権)も、相続財産に含まれます。よって、ほかの相続財産と同じように、相続人(子など)が借地権を相続することになり、親が亡くなった後も、そのまま住み続けることができます。
 この際、いわゆる地主さんの承諾は必要ありません。借地権というのは、借地人にとって、思っている以上に強い権利なのです。
(※通常、借地権は登記されていません)

 また、借地権も相続財産だと書きましたが、ということは、その土地の状況によっては、相続税が発生する場合もあり得ます。このあたりは難しい部分なので、税理士の先生など、専門家の方にご相談されることをお奨めいたします。
























a:1961 t:1 y:2