名義変更などをする

さあ、遺産分割協議も終わり、遺産分割協議書もできました。おつかれさまでした。

このあとは、遺産分割協議書の内容にしたがって、土地や建物などの不動産、預貯金など、相続財産の名義変更などの手続きに移ります。

が…、ここから先は、かなりの時間と手間がかかるかもしれないことを覚悟しておいてください。

まずは、手続きをする相手先(金融機関など)に、どういった手続きをすればいいのか、なにを用意すればいいのか、それを、きちんと確認しましょう。

相手先ごとに少しずつ、用意するものや、進め方なども違うと思いますから、1件ずつ、きちんと確認してください。

除籍謄本、戸籍謄本、住民票、印鑑登録証明書など、誰のものが必要なのか、いつのものが必要なのか、原本が必要なのか、コピーでもいいのか、何通必要なのか、印鑑は実印なのか、どこに押印するのか…などなど、よくわからないことがあったら質問して、きちんと納得できるまで説明してもらうようにしましょう。

ここを適当に済ませていたりすると、言われたものを、やっとの思いで全部揃えて持っていったつもりなのに、足りないものがあったり、押印しなければいけないところに印鑑が押してなかったりなどで、結局、出直さなければならないことにもなりかねません。

それが、遠方にいる相続人の書類が必要だとか、印鑑が必要だとかいういことになると、もう、それだけで大変ですよね。
郵便で送ってもらうにしても、仕事をしてて、なかなか書類を取りに行けなかったりすると、すぐというわけにもいかないでしょうし…

とにかく、ひとつひとつを確実に終わらせるようにしていきましょう。







★当事務所では、「遺言書」と「相続」に関するご相談を専門に承っております。
 ささいなことかも…と思うようなことでも、お気軽にご相談ください。

  野口行政書士事務所は、初回相談無料です。
  遺言書と相続のことは、当事務所にお気軽にご相談ください。

      ☎ 052-265-9300
        (受付時間:午前10時~午後8時)

  ※ご相談は、土日祝日も対応いたします。
  ※携帯電話 070-5408-3037 もご利用ください。































a:1407 t:1 y:3