遺言書編⑬こんなケースは?

たとえば、このようなケースは、どうでしょうか?

あなたのお父さんは、あなたのお母さんとは再婚です。

前の奥さんとは離婚しましたが、その女性との間に、子どもがいます。

あなたのお父さんが亡くなったら、相続人は、あなたのお母さんと、あなたと、前の奥さんの子どもになります。

いかがでしょうか?

ふつうに考えて、前の奥さんや、その子どもと、あなたのお母さんやあなたが、交流があるということは、あまり考えられないと思います。

でも、お父さんが遺言書を遺さずに、ある日突然、亡くなってしまったら、いやでも、連絡を取って、お父さんの相続について、話し合いの場を持たなければならなくなります。

とは言っても、現実的には、連絡先すら知らないことが多いんじゃないでしょうか。

もし、連絡が取れたとしても、話し合いができるかどうかもわかりませんよね。

こうしたケースで、お父さんが、「きちんとした遺言書」を遺しておいてくれれば、双方お互いに、顔を合わせて話し合いをする必要もなく、相続手続きを進めることができる可能性があります。

あなたのお母さんや、あなたの立場としては、遺言書を遺しておいて欲しいケースだと思うのですが、いかがでしょうか?



★当事務所では、「遺言書」と「相続」に関するご相談を専門に承っております。
 ささいなことかも…と思うようなことでも、お気軽にご相談ください。

  野口行政書士事務所は、初回相談無料です。
  遺言書と相続のことは、当事務所にお気軽にご相談ください。

      ☎ 052-265-9300
        (受付時間:午前10時~午後8時)

  ※ご相談は、土日祝日も対応いたします。
  ※携帯電話 070-5408-3037 もご利用ください。































a:1484 t:1 y:2