遺言書の検認

前回、「遺言書を探す」ということについて書きました。

遺言書については、また、詳しく書いていきます。
ここでは、「遺言書の検認」について、簡単に触れておきたいと思います。

これは、「公正証書遺言以外の遺言書」について、必要になる手続きです。

遺言書が出てきたら、封がしてあるものは決して開けてはいけません。そのままの状態で、できるだけ早く、家庭裁判所に検認の申し立てをしてください。

 ・相続人全員に遺言書の存在と内容を知らせること
 ・家庭裁判所と相続人全員が確認して、その後の偽造や改ざんなどを防ぐこと
  といったことが、その目的です。

裁判所が、遺言書の有効・無効を判断するものではありませんので、誤解なさらないようにしてください。

この検認手続きには、いろいろと提出資料が必要になります。まずは、家庭裁判所のホームページで調べたり、電話で直接聞いてみるなど、きちんと調べることから始めましょう。

遺言書の検認については、また、詳しく触れたいと思います。

◆参考条文 民法1004条「遺言書の検認
 1 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に
   提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合に
   おいて、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
 2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
 3 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いが
   なければ、開封することができない。





★当事務所では、「遺言書」と「相続」に関するご相談を専門に承っております。
 ささいなことかも…と思うようなことでも、お気軽にご相談ください。

  野口行政書士事務所は、初回相談無料です。
  「遺言書(相続)」のことなど、お気軽にご相談ください。

      ☎ 052-265-9300
        (受付時間:午前10時~午後8時)

  ※ご相談は、土日祝日も対応いたします。
  ※携帯電話 070-5408-3037 もご利用ください。































a:1741 t:1 y:2